猟期解禁となりまして、私ことグンマーは人生初となる狩猟、それも大物猟へと行ってまいりました

3時に起床し、途中の国道沿いの牛丼屋さんにてメンバーの方数人と合流し朝食、その後1時間半~2時間ほど車を走らせてようやく猟場近くへ到着です

猟場は今まで渓流釣りでも行ったことのないような奥深いところで、キツツキの木を叩く音が頻繁に響き、時折山鳥のホロ打ちの音も聞こえてくるような場所でした

自分のところへは来ませんでしたが離れた尾根のタツの人の前にはカモシカが現れたりもしたそうです

なお、写真についてなんですが今回車の中に携帯を置き忘れてしまったために猟場やその周辺の写真がないんですよね(´・ω・`)
次回からは気を付けます

最初っから大物猟とか大丈夫かと周囲から言われ、自分でも若干の不安を覚えつつではありましたが、そこはグループの先輩方のご指導でなんとか無事に初猟をこなすことができました


とは言いましても、自分個人としては今回実績0だったんですけどね(^w^;)
目の前に来た猪に対して弾倉と薬室に込めた3発を撃ちきり、急ぎ装填して4発目も撃ちましたが全弾外れでしたorz


幸いにもまっすぐ突っ込んでこられるようなことはありませんでしたが、猪は自分の横にある巨岩とその向こうの尾根との間を通りぬけ、そこからさらに背後の尾根を駆け上がって消えていきました
岩の横へ入るまでに3発、最後の尾根を駆け上がって消えるまでに1発射掛けたんですが、どうも慌てていて狙いが定まっていなかったようです

猟が終わった後にタツ長さんにそれを話したところ、焦って銃口が上や下に逸れてるのに気が付かなかったんじゃないかとのことでした

居銃正誤


図の左側は銃口が上に逸れ、リムを上から見るようにして獲物を狙ってしまっているのを多少極端に描いてみたものです、これに対して図の右側はリムを真後ろから水平に見てリム上のピンを獲物に合わせた感じです

このような狙いでないと当たらないと言われたうえで、それでもリム後端、ピン、獲物の三点を、それも動いている状態で結んで正確に狙うのは難しいため、早めにスラッグ銃身を購入するなどしてダットサイトなどの光学照準器を付けた方がいいと言われました

さて、猟の方ですが自分は実績ができなくとも他の人が獲物をとれてる場合があるのが巻狩りでして、今回は猪3頭に熊1頭が捕獲されました

熊の方は自分も山から引きずりおろすのを手伝いましたが、重さ以上に間接がグニャグニャしていてあっちにハマりこっちに引っかかりするのが大変でした(´Д`;)

↓獲物の画像ですが、苦手な方はご注意を↓
DSC_0507


作業を手伝いながらでしたので、解体中の写真はございません

熊に関しては、皮をはぐと下にはつき立ての餅のような白く艶やかな脂肪がたっぷりついてました。猪の方はやや黄色の強い色をしています

昼過ぎには集会所へ引き上げ、軽く休憩して解体作業に取り掛かりましたが16人で分業して作業しても終わったのは17時を回ったころでした(´・ω・`)

熊の毛皮と胆は熊を撃ち獲った人のものとなり、肉は均等分配し、一部は熊鍋にして振る舞われました

DSC_0509


まず熊の脂身を細かくして熱した鍋に投じ、続いて豚汁のように熊の肉、肉のついたままの背骨を軽く炒め、さらに大根、白菜、長ネギ、ジャガイモを加えて煮込み、味噌で味付けした一品だそうです

野菜の甘みと熊の出汁がたっぷりと溶け込んだお汁の味は抜群で、ちょうど日も落ちて寒さが増してきた頃合いなのもあって染み渡るようでした(´∀`*)

熊肉は初めてでしたが柔らかくて臭みもそんなになく美味しかったです
DSC_0510


次回の狩猟では、反省を生かして獲物を仕留められるといいんですが・・・