グンマーの狩猟日誌

群馬県在住の若造がお送りする狩猟についてのブログです 猟期以外なんかは釣りやその他のアウトドアについて書いていく、予定です

夏から秋へ


ぼちぼち涼しくなってきましたね

うちの周囲ではもう蝉の鳴き声は聞こえず、夜はコオロギの大合唱です

ただまぁ、天気予報では来週また暑さがぶり返すらしいですが(´ω`;)

なにも仕事復帰に合わせて残暑ぶり返さんでもいいのに・・・orz

とりあえず体力落ちてきてるのは確実なので少し前からウォーキングをするようにしてまして、そのルートになってる土手道も最近は秋の気配がポツポツ見受けられるようになってきました

DSC_7082

オニグルミの木が結構な数土手のしたに自生してます。9~10月あたりには落果し始めるでしょうから拾いに来ますかねぇ

DSC_7086


DSC_7088


こっちは、なんてキノコでしょうか?
脇に写ってるのは持参していたミニペットボトルなんですが、これと比較しても結構大きいのがわかっていただけるかと
久しぶりにまとまった雨が降った後だったからなのか、雨後の竹の子のように生えてました
別の写真の方は、カサについているポッチとかを見るとテングタケ系のキノコにも見えるんですが、どうなんでしょうか?(´w`;)
まあ、怖いので食べたり触ったりはしないようにしてましたが

トンボもすごい数が田んぼの上を飛び交ってますし、秋が近づいてきた感じですねぇ

狩猟への道~狩猟免許取得、猟友会加入~


長らく放置してしまい、読んでいただいていた方々にはご迷惑をおかけしました
m(_ _)m

腰の方も順調に回復し、9月1日より仕事に戻れそうです

先月下旬には無事に狩猟免許の試験も合格でき、先日合格通知も郵送されてきたのでさっそく地元の猟友会さんに登録申請をしに行ってきました。

もっとも、正式な登録(会費の納付や狩猟者登録)は来月中旬となります

初回は初心者登録分の6000円がつきまして46000円、覚悟はしてましたがやっぱり結構な額ですね(つД`)

まぁでも、猟銃という危険性を伴う道具を使って動物をとることの必要経費ですから仕方ありませんよね(´・ω・`)

猟友会費は毎年の放鳥事業やドングリの植林事業などにも使われているそうですし、46000円に狩猟者保険の保険料も含まれてますから

9月からは射撃の練習もはじめないといけませんし、射撃用の小物や負い紐、弾差し、林業長靴などといった猟で使う用品も揃えていかないといけませんから物入りになりそうだなぁ

狩猟への道~初心者予備講習~


 さてさて、先週の土曜日に無事、初心者予備講習を済ませてまいりました

例によって写真を撮り忘れたために会場の写真はありません(^o^;)

あいにくと天気はよくなく、行きと帰りは雨がけっこう降ってました。片道1時間ほどかけて高速通って行きましたが、北関東道の開通で大分楽になった気がします

講習の方ですが、午前中は狩猟読本を使っての座学でした

主に法令が中心です

お昼休憩は、申し込みの際にお昼代を払っていたので仕出しのお弁当とお茶が配られました


〝たかべん〟さん謹製の肉々幕の内弁当

ボリュームもあり主菜の唐揚げやソースカツ、副菜の野菜や高野豆腐の煮物もなかなか美味しく、機会があればまた食べたいですねぇ(´∀`)

午後は試験で行う実技、猟銃の分解・結合や受け渡し、罠や網の取り扱いについての展示を見学した上で実際に動作を試験の流れに沿って行う実技練習でした

実技の方は、結構動作の規定がいろいろあるので、初心者がぶっつけ本番で試験を受けるのはかなり難しそうですね
昼食代と交通費以外費用も掛かりませんし、予備講習は受けておくべきですね


そして、今回ちょっとうれしい驚きが

以前ここで紹介しました『モリさんの野遊び作法』でご自身の体験を語っておられたモリさんこと高柳芳盛さんが、今回の予備講習に実技の講師として来ていらしたんです!(*゜∀゜)=3

受け付け開始前に到着して喫煙所でほかの参加者の方とも一緒にしゃべっていた時に高柳さんも来られたので、ご挨拶と本の話をした後にいろいろと猟果の写真を見せてもらったりしながら奥利根での大物猟のお話も聞かせていただけました
140キロ級のイノシシとか初めて見ました(゜Д゜;)

そして講習終了後、記念に写真を撮らせていただきました(´∀`*)

DSC_0022


なぜ自分はここでこんな姿勢になったのか・・・(^^;)

高柳さんは現在5人ほどのお弟子さんを抱えて猟山泊という狩猟団も主催されているそうです



狩猟への道~狩猟免許申請(第一種銃猟) & 初心者予備講習申込み~


今月に入り再び病院での診察を受けましたが、骨の治り具合は可もなく不可もなく、特段に回復しているわけもなくやはり9月ごろまで静養しとけとの話でした(´・ω・`)

さて、群馬県での狩猟免許(第一種銃猟)の第一回目の試験も近づいてきましたので、とりあえず申請手続きをとることに
ついでに初心者予備講習にも申込みましたので今回はそれのご紹介おば

狩猟免許の申請には以下の書類と証紙が必要となります

・狩猟免許申請書

・銃所持許可証のコピー or 精神保健指定医の診断書

・証明写真(6か月以内撮影、3.0×2.4、裏面に氏名と撮影年月日記入)

・受験票郵送用封筒(希望者のみ、82円切手添付)

・県証紙5200円(群馬県の場合)

申請書には住所氏名を記入し押印、今回申請するのは第一種銃猟の免許ですので所持している銃の種別と許可証番号も記入します
なお、銃の所持前でも第一種銃猟の免許は申請可能です、その場合は精神保健指定医の診断書を添える必要がありますが、所持許可証の交付待ちであれば期間に余裕があるなら交付を待ってからの方が診断書代がかからずお得です

提出先は、住所地を管轄している森林事務所などへ直接出向くか、郵送となりますが、今回は今お世話になっている病院と森林事務所が近かったので、診察のついでに直接出向いてしまいました

なので、郵送で提出したい方は別途確認をお願いします。受験票の郵送用封筒もありますし、郵送での手続きも可能だと思われます

たぶん

おそらく

まぁ覚悟くらいはしといてください

で、次が初心者予備講習の申込みですが、こちらの必要書類と費用はこんな感じ

・申込書

・昼食代(希望者のみ)

申込書は銃砲店または各猟友会支部にてもらえます

申請窓口ですが、これはお住まいの都道府県の猟友会の各支部の中でお住まいの地域にある支部へ提出という感じです

話の流れ的にも、ここで申し込み手続きをしていただく猟友会さんがそのまま免許取得後の所属先となります

昼食代の方は、群馬県の場合は希望者は申し込み時に1000円支払うことで当日昼食が用意されます

初心者予備講習の申込みについては、認印も銃所持許可証の提示やコピーの提出も必要ありません

来週の土曜日、さっそく初心者予備講習ですので、次回はその記事になるかと思います(・ω・)ノシ


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 人間様の都合なんて・・・
  • 夏から秋へ、風呂焚きする今日この頃
  • 使用前のお手入れ
  • 使用前のお手入れ
  • 肉は食べる、じゃあ皮は? 其の二
  • 肉は食べる、じゃあ皮は? 其の二
  • 肉は食べる、じゃあ皮は? 其の二
  • 肉は食べる、じゃあ皮は? 其の二
  • 肉は食べる、じゃあ皮は? 其の二
最新コメント
  • ライブドアブログ